今日は歴史的な日になりました。
昨日からヘリコプターが飛んでいる音が診療中にも聞こえていました。広島は大騒ぎでしたね。

みなさん今日の予約は避けられ、今日はゆったりでした(笑)明日はちょっとばたばたしますがお昼に少し空きがありますので
治療ご希望の方はご連絡ください。

現職の大統領が広島へ来ることは、本当に大変なことだったと思います。
時間が作れるかわからなかった原爆資料館の見学、被爆者の方との対面、この時間を作ってくださったことが嬉しかったです。色んな方々が動いたからこの時間が作れたのだと思います。
オバマ大統領が抱きしめられた森さんは、ご自身も被爆者であり、被爆したアメリカ兵のことを一人で調べられてきた方です。記者でも政治家でもない森さんが色んな文献を調べて、資料を探して、アメリカの遺族の方に連絡をとって、12名のアメリカ兵の方々の名前が被爆名簿に登録されました。その強い思いがきっとオバマ大統領にも伝わっていると思います。そう信じたいです。

広島でオバマ大統領が謝罪をするかが注目されていましたが、広島の多くの方は、謝罪はいいから広島であったことを実際に来て見て聴いてほしいと思っていました。核兵器をなくすことは、本当に難しいことだと思いますが、世界の人々が核兵器について考えるとてもよい機会になったのではないかと思います。

私の母校の生徒達が、自分たちで考え動き、オバマ大統領にビデオレターを作成していました。核兵器のない世界を作るという目指すものは一緒だ、どうやってその世界を作っていくか一緒に考えたい、、彼女たちの平和への強い思いと行動力を尊敬します。彼女たちや核兵器のない世界をつくろうと頑張っている若者へオバマ大統領からメッセージを頂けたらすごくうれしいなあ、、と思います。

被爆者の方も高齢化して、当時のことを知る人が減っています。あの日を人々が忘れないように、戦争を二度としないために、語り部の方々は思い出すのも本当に辛い話をしてくれています。広島で生まれたからには、その思いを決して忘れないように次世代へ伝えていきたいと改めて思いました。