広島市西区の鍼灸(針灸)院、不妊、逆子、難聴、IBS、肩こり腰痛は当院へ 新井口駅から徒歩5分

脱毛症

円形脱毛症の鍼灸治療

皮膚科疾患で来院されることが多いのが、円形脱毛症です。円形脱毛症には、単発型、多発型、蛇行型、全頭型、汎発型、があります(下記に簡単な説明をのせています)。単発型が最も改善しやすく、汎発型へ向かうにつれ改善が難しくなっていきます。

発症する原因として、近年特に有力な説となっているのが「自己免疫疾患」です。
自己免疫疾患は簡単にいうと、本来なら外から侵入してきた異物を攻撃してくれる免疫機能が誤って自分の細胞を攻撃してしまう疾患です。アトピー性皮膚炎、リウマチなども自己免疫疾患になります。攻撃の標的が毛根になってしまうと、脱毛症になります。

「詳しく話しますと(興味のない方はとばして読んでください)、もともと毛根のまわりは免疫の細胞が攻撃しないような環境になっています。それが、何かのきっかけでその環境がかわってしまいます。誘因としては、ウイルス感染やけが、疲れなどがあげられます。
ただそうなるとみんな脱毛症になってしまいますが、遺伝子の関係もあることが分かっていますので、脱毛症に関与する遺伝子を持っている人が、何かのきっかけで発症してしまうと考えられています。なのでそのような遺伝子を持っていても発症しない方もいます。
免疫の細胞が集まってこないような環境=免疫寛容な環境が崩れてしまうと、そこに身体に入った異物などを攻撃する細胞が集まってきます。そこで出会ったことのなかった毛根と免疫の細胞たちが出会ってしまい、仲間を活性化させる分子をだします。そして毛包の免疫寛容は破綻してしまい、どんどん免疫の細胞が集まってきて毛根を攻撃するようになってしまいます。
(※免疫の細胞と大雑把に書いていますが、Th1、Tc1などの細胞が集まってきます)」

当院では、鍼治療とスーパーライザーによるSGBを併用することで、過剰に働く免疫を抑制し、免疫寛容をおこすことで改善を目指します。また、頭部の血流改善により毛根への栄養供給を促します。ストレスがかかると交感神経の亢進により、血管が収縮し血流が悪くなります。また免疫機能の異常の誘因にもなるためストレス緩和、自律神経調節をおこなっていきます。他の原因としては、産後の女性ホルモン減少により発症してしまう方もおられます。改善される方が多いですが、出産後に再発してしまうケースもあります。

1か月ほどですぐ発毛がみられる方もおられますが、脱毛の期間が長くなるほど、重症になるほど改善には時間がかかります。詳しくは来院時にお話ししますが、改善されるまで週1回根気よく治療をしていく必要があります。

単発型

円形や楕円形の脱毛が1~2か所見つかる。予後がよくほとんどの方が改善されるが、多発型へ進行してしまうこともあります。鍼治療でもほぼ全員改善されます。

多発型・蛇行型

多発型は脱毛が2~3か所以上でき、治っても再発してしまうという特徴があります。
後頭部から側頭部へなど生え際に蛇行するようにできる脱毛を蛇行型といいます。小児に多いと言われますが、私の個人的な感想ですが大人の方でもよく見られるように思います。
単発型から多発型へ移行してすぐに治療ができれば比較的早く改善が見られやすいです。蛇行型のほうが治りにくく治療に時間がかかります。すべて髪が生えそろって治療を終えても再発してしまう方もおられますが、鍼治療開始前に比べ、治りが早く脱毛個所も減っていることが多いです。

全頭型

脱毛を繰り返し、徐々に脱毛部が広がっていき、頭全体が脱毛してしまいます。治りにくく、治療に時間がかかります。

汎発型

最も重症といわれている円形脱毛症です。髪の毛だけではなく、眉毛、腋毛、陰毛など体中の毛が抜けていきます。改善が最も難しく、治療にかなり根気が必要になります。この状態になる前にできるだけ早く治療を始めることをお勧めします。

※鍼をすることによる脱毛症への弊害、現在生えている髪の毛に対する副作用はありませんのでご安心ください。他、気になることがありましたらお気軽にお問合せください。

治療代

●5000円 ●学生:4000円 (初診料別途1500円)

円形脱毛症の症例報告

円形脱毛症を主訴に来院された方の紹介ページです→コチラへ

 

お気軽にお問合せください TEL (082)533-7291 受付時間 9:00~20:00 (木・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © はる鍼灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.