広島市西区の鍼灸(針灸)院、不妊、逆子、難聴、IBS、肩こり腰痛は当院へ 新井口駅から徒歩5分

円形脱毛症の症例報告

  • HOME »
  • 円形脱毛症の症例報告

 

約2年前から繰り返していた多発型円形脱毛症

◎4歳男性

1歳10か月ごろ、頭頂部に脱毛をご家族が発見。ステロイドを使用し、徐々にはえそろったが、また脱毛してしまう。その後は発毛しては脱毛し、脱毛する箇所がどんどん増えていった。局所免疫療法を行い発毛したがまた脱毛してしまい、その後塗らなくても生えるならとステロイドも中止され、半年ほどたった状態で来院された。来院された時には、前頭両側、左側頭、後頭に2か所、脱毛個所があった。治療3回目の時に、産毛が見られはじめ徐々に発毛。ずっと発毛が見られなかった左側頭に発毛がみられたが、右側頭の脱毛がすすんでいた。途中流行性耳下腺炎(おたふく風邪)にかかってしまい、一時脱毛が進んでしまったが、ある時よりぴたりととまり、その後は順調に発毛。計25回の治療で終了となった。

コメント

初診の時は、小学校に上がる前に治してあげたいと、ご家族そろって来院されました。最初はとても鍼を怖がっていましたが、徐々に慣れてくると治療の準備を手伝ってくれるようにまでなってくれました。小さいお子さんが長時間ベッドに横になっているのはしんどいことだと思いますが、本当によく頑張ってくれました。髪が生えそろったらやりたい髪型があると話してくれていたので、いつかその髪型になったところを見てみたいなあとこっそり思っています。

多発型から汎発型へ移行しかけていた脱毛症

◎14歳女性

半年前に右側頭に脱毛部を見つける。その後徐々に脱毛部が増え、皮膚科にてステロイド治療を受けるも脱毛部がどんどん広がっていたった。来院時には頭頂から半分ほど脱毛しており、残っている髪も軽く引っ張るとすぐ抜ける状態だった。また眉毛や腕の毛も脱毛してきていた。ご本人の希望もあり皮膚科での紫外線治療と併用し、週一回の間隔で来院頂いた。
残っていた髪はほとんど脱毛してしまったが、鍼治療開始より順調に発毛し、計18回の治療で終了となった。
(下の写真は、左が初診時、右が治療終了時のものです)

コメント

かなり早く発毛が見られた患者さんでした。今まで診させて頂いた中で一番早かったのではないかと思います。
ご自分から家でもできることを積極的に考えて実行してくれました。思春期の女の子にとってここまで髪が抜けてしまったことは本当に辛かったと思います。最後眉毛がまだ生えそろってはいませんでしたが、産毛が見えていたので終了としました。きっとすぐ生えそろってくれると思います。

お気軽にお問合せください TEL (082)533-7291 受付時間 9:00~20:00 (木・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © はる鍼灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.