広島市西区の鍼灸(針灸)院、不妊、逆子、難聴、IBS、肩こり腰痛は当院へ 新井口駅から徒歩5分

不妊症・不育症の症例

  • HOME »
  • 不妊症・不育症の症例

妊娠安定された方の紹介ページです。

自然妊娠

○28歳:不妊歴なし:不妊治療歴1ヶ月

強く挙児希望だったが、タイミングを取り始めて4ヶ月経ってもうまくいかず、婦人科を受診し、卵胞チェックとhCG注射を受けるが陽性がでず、かなり落ち込んでいる状態で来院された。タイミングをとればすぐに妊娠できると思っていたとのことで焦っておられたが、まだまだ不妊といえる状態でないことをお伝えし、卵管造影など最低限必要な検査をすすめ治療をおこなった。
鍼灸開始2周期目でご懐妊。9週まで流産予防の治療を行い終了した。後日無事ご出産されたとの報告を頂いた。

コメント

周りで妊娠出産の報告が続き、かなり焦っておられる状態でした。次の周期に卵管の検査をしようかと計画していたところ無事ご懐妊。最初少し出血もあったので不安も大きかったと思いますが、無事ご出産され本当に良かったです。可愛い赤ちゃんの写真も送って頂きとてもうれしかったです。

○28歳:不妊歴なし:不妊治療歴なし:流産1回

来院5ヶ月前にご懐妊されるも、胎嚢確認できてすぐに進行性流産。次の妊娠がこわいが、次に妊娠できた時のために身体を整えておきたいと来院された。病院での処置も受けられていたため、医師より2~3回生理が来てからの妊娠を勧めると言われていた。そのため鍼灸治療も当分はのんびり行うことにしていたが1回目の生理が来てすぐにご懐妊。流産予防のため週1回の来院頂いた。体調不良もあり通院できなかったため妊娠10週で治療を終了とした。6ヶ月に入り、一時子宮頚管が短くなったため自宅安静となったが、母子ともに元気に過ごしているとご報告頂いた。

コメント

流産後すぐにご連絡頂きました。その時は、しょうがないのはわかっているが次の妊娠はすぐ考えられないという状態でした。
ご懐妊された後も自宅安静など心配なこともありましたが、赤ちゃんはすくすくと育っており大きめなようだとのこと。無事ご出産の日を迎えられることを祈っております。(その後無事ご出産されたとご報告頂きました。

〇36歳:不妊歴4年7ヶ月(5年):不妊治療歴2年:流産1回

来院の約4年7か月前に一度ご懐妊されたが、8週で稽留流産となった。その後病院で排卵誘発剤などを使用し治療を受けるも、ご主人が転勤になってしまいなかなかタイミングもとれなかった。その後広島へ引っ越しをされることになり、広島へ来られる4か月前より通院されていた他県の鍼灸院より当院へご紹介頂いた。ご主人とは同居できることになったが、ED気味でタイミングはとれて月1回ほどだった。来院から約6か月後にご懐妊、9週まで来院され、15週頃に順調とのご連絡を頂いた。

コメント

なかなかタイミングを合わせることが難しく、病院でのチェックと合わせて、毎月悩みながらタイミングの日を患者さんと話し合っていました。仕事のご都合もあったりと、考えなければならないことも多く、悩みが絶えなかったように思います。つわりや息切れがひどく、安静にしていたいとのことで9週までの来院となりましたが、15週頃に順調とお知らせ頂きほっとしました。後日、メールにて無事ご出産されたとの報告を可愛い写真も一緒に送って頂きました。

体外受精

○40歳:不妊歴1年(3年6ヶ月):不妊治療歴3年:流産1回

来院までに採卵5回、移植6回。3回目の移植でご懐妊されるも、7週で心拍が確認できず稽留流産となった。来院後すぐに病院を転院され、病院の方針から検査を一から行う。抗リン脂質抗体陽性のためヘパリンの適用となった。治療開始6か月後に採卵。採卵6個中5個が胚盤胞となり、一回目の移植でご懐妊。妊娠15週まで流産予防の治療を行い終了。

コメント

もともとは神奈川県におられましたが、広島へ引っ越すことになり、通院されていた神奈川の鍼灸院の先生から当院をご紹介頂きました。
AMHが3年前よりかなり下がってしまい(2.37→0.88)落ち込んでおられましたが、採卵後の胚盤胞到達率にご本人も医師も私も嬉しびっくりしました。あと4個凍結卵があるので二人目も、、?とお話しをしておりました。少し出血もあったのでひやひやもしましたが、無事ご卒業頂けて良かったです。後日メールにて無事ご出産されたとの報告を頂きました。

〇40歳:不妊歴4ヶ月(10年):不妊治療歴3年:流産1回

来院前に採卵2回、移植3回。うち1回で妊娠されるも8週で心拍停止、病院で心拍停止を確認後進行性流産。凍結胚が一つ(6日目胚盤胞)が残っている状態で来院された。初診日は、生理10日目で採卵のための注射も始まっていた。鍼開始後すぐの採卵で12個中6個受精。そのうち3個が胚盤胞となり凍結。翌周期にホルモン補充にて胚盤胞2個を移植し、ご懐妊。最初、胎嚢が二つ見えていたが、6週あたりで一つは小さくなり自然に吸収された。17週6日まで確認し終了。

コメント

卵質の向上については鍼を始めたばかりの状態だったので疑問ですが、着床障害の抑制という点については少なからず効果があったのではと考えます。まだ凍結卵が残っているので、二人目も挑戦してみようと思っているとお話しくださいました。後日ご紹介頂いたご友人より、無事ご出産されたとのご報告を受けました。

〇40歳:不妊歴1年9ヶ月:不妊治療歴1年3ヶ月:流産1回

ご結婚前に一度妊娠されるも、妊娠7週で心拍停止、掻爬術を行った。その後タイミング数回のちに、体外受精へステップアップ。採卵1回、移植1回、残っている凍結胚は胚盤胞3個という状態で来院された。鍼灸治療開始後、自然周期にて胚盤胞2個を移植し、ご懐妊。胎嚢が二つ見えたが、すぐに一つになった。8週まで治療し、その後はご事情があり治療継続とはならなかったが、9週の時にお電話にて胎児は元気とご報告いただいた。

コメント

戻した胚のうち一つはかなりグレードが悪く、二つ着床したことを看護師さんに驚かれたと言っておられました。妊娠判定時に腹痛と出血があったり、ご懐妊直後に風邪をひかれたりと心配なことが続きましたが、赤ちゃんは順調に育ってくれました。ご出産後、もう一回移植のでその時は連絡しますとのことだったので、またお会いできることを楽しみにしています。

〇38歳:不妊歴8ヶ月:不妊治療歴8ヶ月

不妊治療開始後すぐに男性不妊(軽度の乏精子症)が発覚。採卵1回、胚盤胞5個凍結している状態で来院。自然周期にて胚盤胞1個を移植、血液検査にて着床の反応はでたが、化学流産。二回目の移植も自然周期にて胚盤胞1個を移植。二回目の移植にてご懐妊。心拍が確認できた後に、血腫より出血があり自宅安静に。その後ポリープより出血が続き、ポリープ切除後は出血が止まったもののつわりがかなりきつく通院ができませんでしたが、11週を過ぎたとの連絡を頂き、治療終了となりました。

コメント

遠方からの来院でしたが、自宅安静となるまではしっかり来院くださいました。自宅安静との連絡があった後、しばらく連絡がなく心配しておりましたが、11週の時に赤ちゃんは元気とご連絡を頂いてほっとしましたが、つわりがかなりお辛そうでした。早くつわりがおさまり、楽しいマタニティライフを過ごしたのち、無事ご出産されることを祈っております。(その後無事ご出産されたとのご連絡を頂きました)

〇29歳:不妊歴6年8ヶ月(なし):不妊治療歴約4年:流産1回

タイミング、人工授精を行うも妊娠に至らず、体外受精にステップアップ。精子はタイミングでも可能性はゼロではないが厳しい数値だった。採卵1回、胚盤胞4個を凍結。1回目の移植でご懐妊されるも、20週で異常が見つかり人工死産となった。2回目の移植でもご懐妊されたものの、7週で胎芽がみえず、掻爬。βHCG値が高かったため、2周期ほど経ってから妊活再開という状態で来院された。ホルモン補充にて、胚盤胞1個を移植し、ご懐妊。12週まで確認し、終了。

コメント

毎回の移植でご懐妊されるも、妊娠継続ができず、とてもお辛い経験を2回もされていました。鍼治療後の移植で、血液検査の数値があまり高くなく心配しましたが、すぐに数値が上がってくれました。つわりがひどく体重が落ちてしまいましたが、赤ちゃんはすくすく大きくなってくれました。今度こそ無事ご出産されることを心より祈っています。(出産時に大量出血されたとのことでしたが、母子ともに元気に過ごしているとご連絡頂きました)

〇37歳:不妊歴10年:不妊治療歴約3年(前夫との不妊治療歴約2年)

30歳の頃、子宮内膜症、腺筋症による腸子宮癒着が見つかり、腹腔鏡にてオペ。33歳の時に現在のご主人と再婚され、すぐに婦人科を受診、この時卵管造影にて左卵管水腫が見つかったが経過観察し、タイミング3回後、すぐに体外受精にステップアップ。採卵を4回、移植を7回されるも、妊娠に至らず(一度だけ化学流産)。採卵移植の間に、再度腹腔鏡オペをされ、左のチョコレート嚢腫切除、卵管は温存。慢性子宮内膜炎の検査を予定しているという状態で来院された(検査の結果は陰性)。鍼灸治療開始から3か月後の採卵で、採卵9個うち1個初期胚、4個胚盤胞にて凍結。鍼治療開始から5ヶ月後に再度採卵され、採卵9個うち1個初期胚、6個胚盤胞にて凍結。その後卵管水腫のため再度腹腔鏡オペをうけられ両方の卵管水腫を切除、卵管は温存。その後胚盤胞2個を同時に移植され、ご懐妊。12週まで治療し終了。

コメント

かなり遠方からの来院でもありましたし、三度のオペ、体外受精の反復不成功とかなり苦労されておられました。鍼治療開始後の採卵で胚盤胞獲得率が向上したことにとても喜んでいただけてこちらも嬉しかったです。
妊娠されてからも前置胎盤で出血もあり一時入院され苦労されておられましたが、元気な男の子を無事ご出産されたとのご報告を頂き本当に安心しました。

〇32歳:不妊歴2年9ヶ月:不妊治療歴約2年

タイミング数回、人工授精5回と治療を続けるも妊娠に至らず、体外受精へステップアップ。最初の採卵で、採卵7個うち1個のみ胚盤胞凍結。移植を行うも陰性。子宮筋腫があることから病院を転院予定という状態で来院された。鍼灸開始5か月後の採卵にて、採卵16個うち成熟卵15個、そのうち5個胚盤胞凍結。その後2回目の移植でご懐妊。9週まで確認し治療終了。

コメント

最初の体外受精の成績が年齢を考えるとよいとは言えず、落ち込まれていました。それでもいつも明るく努めておられたことが印象に残っています。出産時は子宮口が開かず帝王切開となったとのことでしたが、元気な赤ちゃんをご出産されたとご報告頂きました。

〇34歳:不妊歴4年(1年):不妊治療歴約3年:流産1回

卵巣左右それぞれに、子宮内膜症性嚢胞、成熟奇形腫がみつかり、精子もかなり不良だったことから体外受精の適応となった。最初の採卵で18個採卵うち5個初期胚、9個胚盤胞にて凍結。1回目の移植(胚盤胞)で妊娠するも、7週で稽留流産。その後3回胚盤胞を移植するも妊娠に至らず。鍼治療開始後、初めての移植でご懐妊。12週まで確認し、治療終了。

コメント

グレードの良い胚盤胞を移植するもなかなか妊娠に至らず来院されました。陽性だと結果を病院で聞いたときは涙で数値が見えなかったと言われいて、こちらも泣きそうになったのを覚えています。妊娠時に病気が見つかり大きな病院へ転院となったそうですが、無事元気な赤ちゃんをご出産されたとご報告頂きました。

 

 

お気軽にお問合せください TEL (082)533-7291 受付時間 9:00~20:00 (木・祝日除く)

PAGETOP
Copyright © はる鍼灸治療院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.